2015
06.12

自分のお葬式

Category: 日々のこと
以前、
この本に触発されて・・・
遺言書のススメ
『30代、40代夫婦へのー 遺言書のススメ』
本田桂子・鈴木おさむ・大島美幸 著


『“シュウカツ”してますか?』という記事を書きました。

で、エンディングノートまで買ったりして

あれからすぐには書き出せず、
ずっと机の棚にしまわれてました。


でも、来月誕生日を迎えるにあたり、
6月中にエンディングノート書こーーー
とページを開き始めたわけです。


正直、自分が死んじゃったときのこととか想像できず、
とりあえず身の回りの記録ノート的に埋めていくと、

きました!
お葬式ページ!!!


どこでやりたい?
どういうカタチでやりたい?
規模は?
弔辞は?
香典は?
祭壇は?

とまぁ、
葬儀に関して23項目。
お墓に関しても6項目。


で、質問を読んでて疑問が浮かびました

お葬式って自分の希望を出すものなのかな???


死ぬまで、
そして、死んでからも、

こうしたい、ああしたい、
こうしてくれ、ああしてくれ。

うーん、なんか違う気がする。。。

残された人が、
私のことをどう供養したいか。

やっぱりそこが大事なんじゃないの、
って思えてきたんです。


葬式?
まめこのためにお金だすなんてもったいないし、
テキトーでいいよ、

なんて思われちゃったら、
それだけの人間だったんだろうし、
送る側の人間もそれだけの人間なんだろうと思う。


心を込めて送ってあげたい、
って思ってもらえたら、
私も捨てたもんじゃなかったね、って思える。

まぁ、死んでるからもうわかんないだろうけど


とにかく、
お葬式って、
亡くなった人、残された人、それぞれのためにある、
本当に、本当に大事なものだと思います。


とにかく安く、
とにかく簡単に、
そんな風潮がコワイ。


自分流、
自分流、
というのもオカシイ。


エンディングノートを書いていて、そんなことを思いました。
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/941-751200e5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top