2015
03.26

【仏前結婚式~東光寺編~】新郎が主役になれる場面です!!そして新婦はそっと寄り添う~

Category: お寺のこと
結婚記念日だった昨日、
初心を思い出すためにも、
仏前結婚式の【誓いの言葉】を記事にしよう!

結婚白無垢と袴


な~んて思ってましたが、
寝落ちしました


今月は仏前結婚式月間!ということで、
今までに・・・
【和合の茶礼(わごうのされい)】
【清めの式】
【睦みの式】
【献花】
【焼香・三拝】
【啓白文 奏上】
を紹介させていただきました


さてさて【誓いの言葉】ですが、
具体的に何をするかと言いますと、

本尊様・ご先祖様に結婚したことを報告する。
今後どのように夫婦として生活していくかを、自分を含めたすべての人に誓う。


そして、この言葉を新郎が読み上げるのです!!


実際に夫が読み上げた『誓いの言葉』を紹介しましょう~↓↓↓
新米和尚ブログより転記)


『私たちはここに、み仏の照覧(しょうかん)を仰ぎ、

ご先祖様のみたまの前で、皆様方の祝福を頂いて、

結婚の式をあげました。

ひろい世の中に、ただ一人 終生の伴侶として、

えらびえらばれて結ばれたことを、まことに幸福と思います。

かつひそかに誇らしくも思っています。


今日よりは、み仏様の教えにしたがい、

深い理解と愛情をもって互いを信頼し、

家庭円満に努め、ひいては世の中を「心の花園」にと念じて、

精進することをお誓い致します。』



とまぁ、こんなことを言っていたみたいです。
ほんとに緊張してて、
あんまり覚えてないんだよね~

最後に自分の名前を言うのに精いっぱいだったよ・・・

でもこうやって言葉として残っていると、
気持ちを新たに、
ちょっとは夫に優しくできるかも~~~


忘れないように!
と車のナンバーを結婚記念日にしておいたにもかかわらず、
すっかり忘れていた夫にもね
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/876-632fcbb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top