2014
09.11

言葉にすることで足元に置きなおす。

Category: 日々のこと
8月の終わり、
ふとテレビをつけたときに放送されていたのが、

『100分de名著 ~アンネの日記~ 』(NHK)

本当に有名な本だけど、
正直ちゃんと読んだことはありません


観たのは4回シリーズ中の3回目。


アンネという少女が生き生きと紹介されていて、
かわいそうな女の子、というイメージが覆されましたー

興味がわいて、4回目を録画。


「名著は必ず待っていてくれる」、とは
講師 小川洋子さんのことば。

『博士の愛した数式』の著者ですね。

この言葉を信じて、一度『アンネの日記』を紐解いてみようと思いました♪


さて、小川洋子さんの締めの言葉が良かった!

隠れ家生活という過酷な状況。
降りかかってきたこの災難。

これをアンネは日記という作業を通して

「言葉にすることで足元に置きなおした。
土台にした。」




アンネの状況とは比較にならないけど、

私たちも同じで、
大変なことが降りかかってくると、
アタマがうわ~~~ってなるけど、


それを言葉にしてみると、
足元がしっかりしてドン!っとなれるかも。


『書く』ってやっぱり素晴らしき行為だー
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/750-acbaad71
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top