セルカンして、伝えたいことを伝える♪

ちょっと、いや、かなり
怒れることがあって、

でも、他人から見たら
そんなこと!?
ってきっと言われちゃうことだろうし、

そもそも人に言いづらいこと。


でも、そのこと考えるとイラッとする・・・
どうするよ、コレ。

いつもは流せる子どもの行動も、そんなときは沸点低い母になる。
そんな自分に「何してんだ、私…」と心の中で突っ込んでみたり。


こんなときこそ、自分の理想の振る舞いを考える

子どもに対しての行動と、
怒っているアノ件はまず別物!としっかり切り離して。


そしたら、アノ件にひきずられて、
必要以上に子どもを怒らなくて済むし、
自己嫌悪に陥らなくてもダイジョーブ


で、アノ件に関しても怒らず、悩まず、
セルカンのステップで考えればスッキリ


そしたらさ~
伝えたいことを伝える方法も見つかったよ

ゴールは相手の行動を変えることじゃないから、
それで相手が変わらなくても気にしない。
そりゃあ、変わってくれたらラッキーだけど。

それよりも、コノ件で自分がイライラしなくなればいいんだもん。


セルカン知ってるとなかなかオトクですよん

Comments 0

Leave a reply