2014
06.28

坐禅で集中できないのはダメなことじゃないんだ!

Category: お寺のこと
坐禅のイメージ。


アタマを空っぽにして、
集中して、
終わった後はスッキリしてる。


そんな理想をもって座ると、
理想と現実のギャップに少なからずショックを受ける。

これは私の実体験。


座り続ければ、
いつかスッキリがくるはず!!!

そう思ったって、
雑念がどんどん湧いて、
考えなくてもいいようなこと、
すっかり忘れていたこと、
そんなことで頭がいっぱい。。。


だけど、それでいいんだ~
って思えたのは、

『坐禅ガール』(田口ランディ 著)っていう小説の中のヒトコト。

坐禅を指導する女性が、坐禅会参加者に言った言葉。

「どう、心はなかなか静まらないでしょう?
ますます乱れてきませんか?それでいいんです。
その乱れた心をじっと観察していくことを学ぶのですから、
乱れているのであれば、それに気づく準備が整ったと考えてください。」



そうなんだよね!!!

心というのは乱れるもので、
なかなか自分ではコントロールしきれない。

どうがんばったって、
見えないチカラに動かされてしまう。

そんな弱い自分をまざまざと見せつけられる。

そして、そんな弱い自分を認めた上で、
でも、勝手気ままに流されるだけじゃだめだよね、
調える努力が必要だよね。
ちょっと気をつけてみようかねぇ。。。

と思えるようになる。


それが坐禅なのかなぁ、
と本を読んでちょっと思ったのでした

関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/689-479b2ffb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top