優曇華(うどんげ)の花。それって花なの?虫なの?

うどんげの花

糸の先に、白い卵。

これが、『優曇華の花』というもの。

でも、花が咲くわけじゃなくって、
クサカゲロウという昆虫の卵。

保育園のクヌギの木に産み付けたみたいです。

いつも私に植物や昆虫のことを教えてくださる先生が、
見つけて連絡をくださったので、
子どもたちを連れて、早速見に行きました~


仏教聖典にも『優曇華の花』が出てきますが、
こちらはイチジク科の落葉高木のことで、
3000年に一度咲き、
そのときは如来が出現する、と伝えられています。
(広辞苑より)


それにしても、
本当に小さくて(1センチくらいです!)、
教えてもらわなければ、絶対見つけられないシロモノ。


見ることが出来てラッキーでした

Comments 0

Leave a reply