考える時間がある、という安心感

先日、
夫のちょっとした言動にイラッとしました。

ささいなことです。

私の誤解も含まれていました、今思えば。


でも、そのときは
「おいっ」って思ったんです、一瞬。

そう、一瞬。

今までなら、夫に向かって怒ってました。
きっと、文句のひとつでも言っていたことでしょう。

しかし!!
たまたまフセンに書いて貼ってあったんですよ~
「(このことに関連したことを)セルカンする。」って。

怒りが私の頭を支配しようとしたそのとき、
フセンにかいてあったことを思いだしたんです。

すると、シュルシュルと怒っていた気持ちはしぼみ、
安心できたんです。

あとでちゃんと考えられる、って。


このときはたまたまフセンにかいてあったから、
落ち着けたけど、
(↑、ここで言うセリフは・・・
わたしゃ ほんとにうんがいい!!
なんじゃこりゃ?と思った方はコチラへ~→

でも、たとえ書いてなくても、
「あとでちゃんと考えられる」って
思えるようになったら、
それは怒りをコントロールするヒントになるんじゃないかな~。


夫がこれを読んで、
「いつイラッとしてた?」って言ったら
怒りのコントロールは成功でしたね~!

でも…
そうじゃなかったら…

はは、ま、いっか。




Comments 0

Leave a reply