2013
07.14

最も嫌なことを避ける

Category: 子育て
今日は地域のすもう大会でした。

娘たちが通っている保育園の年中さん・年長さんは
このすもう大会に出場します~


年中の次女は初参加!
保育園でも日々、練習に取り組んできました。

でも、練習で相手の子に一回も勝てなかった…

そのたびに、悔し涙を流していたようです。

娘の悔しさは分かりつつ、
がんばってもどうしようもないこともあることも知っている、
嫌な大人になっちゃった私。

なんと声をかければよいか、よくわかりませんでした。


すもう大会の2日前。

「出るの嫌だな~…」

ポツリと長女は言いました。


「勝っても負けても賞品は一緒だよ。だから頑張っておいで。」
という人もいました。

でも、何が長女にとって嫌なのか。
本当のところは聴かないとわかりません。

土俵に上がるのが嫌なのか。
たくさんの知らない人に見られるのが嫌なのか。
負けるのが嫌なのか。
転んでけがをするのが嫌なのか。



長女の最も嫌なポイントは、

『泣いちゃうこと。
しかも、それを知らないおじちゃんやおばちゃんに見られること』

そうなのか~~~
聴いてみないとわからないものです。

で、長女の中では、
『泣かないで、頑張る!』
と決めたようです。



実際…

本当に長女は泣かなかった!

残念ながら負けてしまったけど、
担任の先生曰く、
「いつもの練習以上に力が入ってましたよ!」
と言われるほど頑張った。


最も嫌なポイントが何か、を認識すること。

すると、それを避けるためには何をすればよいか、自然とわかってくる。


結果、長女にとって、ものすごく自信のつく経験になった。



これ、私が今勉強中のこと、そのもの!!!
今度先生に報告しちゃお~


ちなみに、このすもう大会関連で余談がありまして…

それはまた次回~

関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/373-1ac922fa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top