2012
12.20

心に生えた雑草をぬいて、きれいな花の種をまく

Category: お寺のこと
2つ前の記事で、
六波羅蜜(ろくはらみつ)を実践してみよーということを書きましたが、

「わかりにくいよ~」というご意見をいただきました!

私自身、六波羅蜜をちゃんと理解していないことがばれちゃいました
へへへ…

だけどね、
大事だってことはわかったつもりなんです。

だからとにかくやってみよう!って。


毎日怒ったり、うらやんだり、迷ったり、欲張ったり…、
その一方でちょっといいことがあればのぼせたり。


そんなザワザワした心を、軽やかにしたいから。




で、

自分を責めない考え方、とか、
前向きに生きるための素敵な言葉、とか

世間にはあふれていて、

そんな話や言葉を聞いたときは、

なるほどね~
そうよね~

って思うんだけど、

実際実行に移すか、というと、なかなか難しい…。(私は…)


でもこれってしょうがなくって、

こうしよう!って意識して思っても、
その下の深いところに、
自分、自分、自分…ってこだわる心があって、

それをなんとかしない限り、
心はザワザワしたまま!

という考え方がありまして。


だから、私は、

自分、自分、自分…ってこだわる心を雑草だと思って、
それをひとつでも多くぬいていこう!と。

そして、ぬいたところに爽やかになる種をまいていこう!と。


そのぬいたり、まいたりに当たるのが
六波羅蜜なわけです。


この六波羅蜜の中で、
昨日と今日、1つずつ実践したことをご紹介します!

優しい言葉をかけること(言辞施 ごんじせ)
優しい目をむけること(眼施 げんせ)


雑草ぬいてるぞ~!
種をまいてるぞ~!
のイメージだけじゃ、とうてい実行できないへなちょこの私なので、

手帳の今日のページのとこに
言辞施!!
眼施!!
とフセンを貼っているのでありました…
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/258-dab96dc9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top