幸せ行の電車に乗るには!

賢いものと愚かな者の特質


仏教聖典の生活索引をネタにイラストを描いています( *´艸`)


仏教聖典とは…

仏教の開祖であるお釈迦様が説いた真実の教えを集めた「お経」の中から、教えの大切な要素とたとえ話を選び、それらを日常のやさしいことばにかえて表現したものです。
ブログ・新米和尚の仏教とお寺紹介『仏教聖典の朗読』より





今日のイラストは
〇賢い者と愚かな者の特質


仏教聖典に書いてありました。
賢い人と愚かな人の違いが。

そして、その前には
善人と悪人の違いも。


ということで、
そのまま引用します↓↓↓↓↓

悪人の特質は、罪を知らず、それをやめようとせず、罪を知らされるのをいやがる。

善人の特質は、善悪を知り、悪であることを知ればすぐやめ、悪を知らせてくれる人に感謝する。


愚かな人とは、自分に示された他人の親切に感謝できない人である。

賢い人とは、常に感謝の気持ちを持ち、直接自分に親切にしてくれた人だけではなく、
すべての人に対して思いやりをもつことによって、感謝の気持ちを表そうとする人である。




善人であれば、
賢い人であれば、
【幸せ行】の電車に乗ってますよね!


そう!

悪いことはしない。
でも、ついしちゃったとしてもその間違いに気づいて直す。

いつも周りに感謝の気持ちを持つ。


こんなシンプルなことで私たちは【幸せ行】の電車に乗れます。

でも、実行するのはなんと難しいことか…
知ってるけど、出来てない。

だからなかなかこの電車に乗れてる感は少ないかもですが、

誰でも乗れる。
いつでも乗れる。
ちゃんと乗れる。

だから
みんなで乗ろうね^_^

Comments 0

Leave a reply