草取りをして思うこと

境内の草取りをしています。

境内の草取り、といっても東光寺は小さなお寺なので、他の大~~~~きなお寺さんに比べたら楽だと思います。

そんな草取り、せっせと抜いているといろんな世界が見えてきて面白いです


シャベルを持って土をぐさっとやると、あちらからこちらから、蟻に蜘蛛に、はたまたよくわからない虫が出てきます。私にとってはなんてことない作業が、彼らにとっては一大事かもしれません。「ごめんよ~」って気持ちになります。

妙心寺派のおしえのひとつに
人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
というのがあります。彼らは人間ではないけど、草取り中の私にこのおしえを思い出させてくれました


また、草、と一言で言っても、いろんな種類があることに気づかされます。
どれも名前はわからないですが…

表に出ているのはちょこっとなのに、抜いてみるとものすごく根が長いもの。
逆にぐ~んと伸びている草の根が短かったり。

どんなところでも根を張り、生きている草たちに憧れの念さえ芽生えてきました


そういえば昔、動物占いやら、ラーメン占いやら、いろいろなものに例える占いが流行りましたが、
その中で花占いというのがあり、私は「たんぽぽ」だったのを思い出しました。


たんぽぽのあなたは、綿毛のようにどこにでも飛んでいき、どこでも根を張ってやっていける

というようなことが書いてあったな~


Comments 0

Leave a reply