無表情の表情

学生時代、
臨床実習前に、教授に言われたこと。

「意識せず、ただ立っているだけのときの顔は恐いので、気をつけるように!」

「ふと鏡を見たときの自分の顔を見てみなさい。」


愚痴こまめ

これは、病院の廊下で、
先生だったり、担当の患者さんだったりを待っている場面のことを
言われたものです。



常に心に留めておきたい。

だけど、ついつい忘れちゃう。



先日、
近所のドラッグストアに買い物に行ったときのこと。


「こんにちは!」

お店に入ると店員さんに声をかけられた。

私は特にそちらを見ることもなく、
ただ、
(こんな風に挨拶されたことってあったっけ~?)
と思いながら、
なんとなく軽ーく会釈だけして、目的の棚にまっしぐら。


必要なものをカゴに入れ終わり、
レジに向かう。


そのときも特に店員さんの顔見ず…

「○○円、お預かりします。」

その声を聞いて、ハッとした!!!


子供座禅会によく参加してくださる方だったーーー・・・


「何回も声かけたんですよー。
機嫌悪いのかなー、って思いました(笑)」

そう言われたときの気まずさと言ったらハンパない…



機嫌が悪かったわけでもないし、
無視したつもりもない。

けど、
ただ無表情だった、ってこと。


無表情って、コワイ。


あー、もうほんと反省です。

自分の顔に責任持たないとなぁ。


心に強く、強く刻まれた出来事でした


Comments 0

Leave a reply