日々是好日の意味って実は・・・

先日、誕生日を迎えました!

多くの方にメッセージをいただき、
嬉しい1日でした


こんにちは!フツーの家から禅寺に嫁いだ寺嫁まめこです

新米和尚(夫くん)からは花をもらいましたー
H28.7誕生日1


チョコミント好きの私のために、
これもくれた~
H28.7誕生日2
花より団子の私はこっちの方が嬉しかった、かも



そして、誕生日ケーキ、
じゃなくて…

食べ物の中で一番好きな、
スイカ~~~
H28.7誕生日3
もう切っちゃった後ですが…。

このときばかりは、
夏生まれでよかったー、なんて思っちゃいます


そして、
これらのモノたちと共に、
あるコトバもプレゼントされました。


それが


日々是好日でいきましょう!



ううう・・・
なかなか厳しい…



日々是好日(にちにちこれこうにち/こうじつ)】
って、

毎日楽しく過ごそう~

みたいなゆる~いコトバではないのです


以下、新米和尚の法話原稿より


私達はどうしても目の前にある様々な事象を「良い」か「悪い」か、
「損」か「得」かなど区別し比較しようとしてしまいます。

しかし、好日はこのような区別や比較・差別というこだわりを離れることを説く言葉です。

そして好日に日々是の文字を加えることで
時間は過ぎやすく、決して同じ一日はないことを自覚し、
良い日、悪い日と区別することなく、この素晴らしい一日という、
かけがえのない「今・ここ」を大切に懸命に生きることを説く言葉なのです。




こだわりを離れて、
懸命に生きよう。


という新米和尚からのメッセージ…


ね、
厳しいでしょ?



「なかなか厳しいこと言うね~」
って言ったら、


「目標は高い方がいいでしょ
だってさ~


誕生日だ~~~
みんなからお祝いのメッセージもらえて
今日はいい一日だな~

なんて思っちゃう私は
こだわりをたくさん身にまとっておりますのです…



でも、せっかく有り難い命をいただいてるんだから、
高い目標に向かって日々精進してマイリマス

Comments 0

Leave a reply