2016
06.21

お経なんて意味わかんねーよ!って思ってる方へ。

Category: お寺のこと
以前バスに乗っているときに、
後の方からこんな話が聞こえてきました。

「お経なんて意味わかんないから、
聞いてても意味ないわー。」


消災呪


こんにちは!フツーの家から禅寺に嫁いだ寺嫁まめこです


昔は冒頭のような話を聞いても、
なんとも思わず、
むしろ「そうだよねー。」って思っちゃってました


でも今は
「そんなこと言ってたらもったいないよーーー!!!」
と言いたい


お経とは、
一言で言うと、

『お釈迦様の教え』

です。


2500年前から絶えることなくずーっと受け継がれてきた、
2500年間、たくさんの人を救ってきた教えです。


古けりゃいい、
ってもんでもないけど、

これだけ長い間伝えられてる、
ってことはそれだけ魅力がある、
ということなのです♪


お経については、
東光寺ホームページで簡単にまとめてありますので、
ぜひぜひ一度のぞいてみてほしいですー

『お経の意味、お伝えします!』
HPお経タイトル4


お経って3つに分けることができるんだ~、とか

お経をよむ8つの功徳!、とか

東光寺ではこんなお経をよんでるのね。

なんてことがわかります



あ~、前置きが長すぎた…

実は一番言いたいことがありまして



最初の写真のお経、
全っ然、意味わかんないと思いません?

ほんと、呪文みたい。


でもね、ちゃんと意味はある。

この経は仏の大威徳光により、
悪星退散、
善星皆来、
招福を説くものである。

『真言陀羅尼(しんごんだらに)』 坂内龍雄 著より




お唱えしているときに、ふっと思ったのです。

「あっ、これってお釈迦様が本当にしゃべっていたコトバなんだよなー。」って。


このお経は陀羅尼(だらに)、といって
インドの梵語(サンスクリット語)をそのまま漢字に音写したものです。


英語のhello(ハロー)を 『歯朗(はろー)』って書く、みたいな。
(たぶん…)

『歯朗』を見ても、全然意味はわかんないけど、
実際にこの音が、そのまましゃべっているコトバなのです。


『なむさまんだー もとなん おはらーちー…』

お釈迦様が話されていた姿が想像できちゃう~~~
(私だけ?)


こうやって、
お経の周りの景色を想像するのも、
なかなか楽しいかもしれません
(って、やっぱり私だけ?)
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/1265-e00c9b99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top