2016
05.12

未来の寺嫁さんに伝えたいこと。【寺嫁、ここが辛いよ編】

Category: お寺のこと
「お寺に嫁いで偉いね~」

「お寺って大変でしょ~」

初めて会う人には、ちょくちょく言われます


過去には、
私が夫と結婚する、と決まってから、
「大丈夫?」
「お寺って大変だよ。」

ということも言われました。


でも、私はアホだったので、
「そっかー。大変かー。でもまぁ、結婚したいからなー。」
くらいしか考えてませんでした


私はかなりの悩み症・心配性ですが、
なぜか、このときはそんなに悩まなかったんだよね


さて、そんな私が6年お寺で生活して、
「寺嫁、これが辛いよ・・・」ということと、
「寺嫁で良かった~」ということを
つらつら書いてみようと思います。


「大変でしょ~」っていうけど、
一体何が大変なのか?
本当に大変なのか?

未来の寺嫁候補さんたちに伝えたいです


【寺嫁、ここが辛いよ編】
作務衣デビューデビュー
*作務衣を着ていた時期もありますが、今はごくたまーに、です
好きな服着ていいんだよーーー

予定が立てづらい!!
急にお葬式が入るかもー。ドキドキ。
ってな感じです。


土日、丸一日お休みってのは少ないかも。
法事があると、子供たちに「静かにしてなさーい!」って言わなきゃだめだしね。。。


長期の家族旅行はまず無理・・・
まず、おじいちゃん、おばあちゃんとの家族旅行は行けないです。

沖縄に行きたいね。沖縄行くなら3泊4日は行きたいなー。
→これ、却下でした
→2泊3日の九州旅行になりました。(これも十分楽しかったよ!)


檀家さんの顔と名前が完全に覚えられない
申し訳ない…、と思いつつ、もう少し時間をください~、
と思ってます。


家を空け辛い。つまり、外出しにくい。
住職、副住職がいますので、言うほどではありませんが、
住職・副住職ともに外出することが多いときにはかなり引きこもりです。

1週間、お寺の敷地を出なかった、
ということもあります


大きい法要のときは、それなりに準備があって大変。
はじめのうちは、何をすればいいの???状態でした。


掃除するとこがいっぱいある。
私、掃除苦手ですから~


今の仕事をやめなきゃいけない。(かもしれない。)

名古屋にいた頃は“言語聴覚士”という言葉と食事のリハビリの仕事をフルタイムでやっていました。
けど、静岡に引っ越したと同時に辞めました。

はじめの頃は、お寺で掃除をしているときなど、
「なんで私ここでこんなことしてるのかなー
と辛くなることもありました。

*でも、お寺によっては「外で働いてもらった方がいい。」
というところもありますから、場合によります。



以上、つらつら書きました。
どうですか?



正直、私が嫁いだお寺は大きくありません。
農業仕事はありません。
宿坊もありません。

いろんなお寺きくと、

1日に5件も法事があったり、
茶畑があったり、
たけのこを出荷してたり、

というところもあります。

だからそういうのを聞くと大変そうだなー、
と思います。


あと、こんなこと大きな声で言えないけど、
足袋を洗ったり、
衣の管理など、
うちは全部夫が自分でやります。

だから私はノータッチ

足袋はごしごし洗濯板使うよー、
という話を聞くと、
「おー、そりゃ大変!」って思います。

それから、
まだ住職夫妻が元気でいてくれている、
ということも「大変さ」を軽くしているかも、です。

いなかったら、もっと外出しにくいかなー、と思います。


でも思うのは、
結婚前に、
「大変」「大変」って周りに言われてたから、

すっっっごく大変なんだ!
がんばらなきゃ!!
と思って嫁いできて、

実際を見てみると、
「あ~、こんな感じなのか~。
想像より大変じゃないかも♪」

って思えた気がします。


フツーの家で育ってきた人には、
寺嫁、というのは未知の世界だと思うし、
私にとってもそうでした。

だから不安いっぱいでも、当たり前!
というかむしろその方が“寺嫁生活”楽しめるんじゃないかな~

なんてね


「やっぱり大変なんだ…」と思って寺嫁敬遠されちゃうと困るので、
次回は【寺嫁でよかった~編】です!!

この記事だけ読んで終わりにしないで~~~
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/1222-04bd7b72
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top