笑って過ごす

只今、お施餓鬼(せがき)シーズンのため、住職・副住職とも
付き合いのあるお寺さんへ出かけていきます。
そのため、まめこはいつにも増して留守番という名目でひきこもっているわけですが・・・。

(ちなみにお施餓鬼とは、欲求不満の餓鬼を救うために供養をする行事です。詳しくはまたそのうちに


そこでたまには仏教のことも

和顔施(わがんせ)・・・和やかな、微笑みのある顔で接する。布施行のひとつ。

どうしたって自分にとって嫌なことが起これば、顔つきは悪くなってしまいます。
私はすぐに気持ちが顔に出てしまうので、非常に実行するのに難しい布施行です


しかし!まめこもあと4日で31歳。
この4日間を笑って過ごすという課題を自分に与えてみたいと思います


布施行ですから、もちろん人のためにすることです。
だから努力や我慢が必要になることと思います。
ただ、この布施行、自分にとってもとてもプラスになるものなのです。


楽しいから笑うんじゃない。笑うから楽しいのだ


Comments 0

Leave a reply