2015
10.11

誰でも、いつかは。

Category: 日々のこと
うちのおばあちゃん、
今年8月のお誕生日に88歳を迎えました。


最近はいろいろ病気やけがをしたけど、
それでもちゃんと復活して、

“さすがうちのおばあちゃん!
やっぱ強いわー。
絶対100までいくね。

もしかしたらうちのお父さんやお母さんよりも長生きなんじゃないのーーー”

なんて思ってました。

半分本気で思ってました。




でも先月、
大腸がんが見つかりました。

肺や肝臓にも転移しているとわかりました。

1年もたないかもしれない、と聞かされました。


それでも私は、

“高齢者の癌は進行も遅いでしょー。
1年なんてそんな、そんな。”

なんて言ってました。





けど、
急激に状態が悪化し、


10月8日、午前2:11、逝ってしまいました。




「お寺に嫁ぐんだから、般若心経くらいはよめないかんよ。」

と経本をくれたおばあちゃん。



「お寺でお習字やお華とか、教室やってるとこあるでしょ。
そういうのやったらどうなの。」

と話してくれたおばあちゃん。



米寿の記念写経を練習していたときに、
「ちょっと字が間違ってないか見てくれない?」

と聞いてきてくれたおばあちゃん。



一緒に住んでたから、
正直「うっとうしいなー。。。」

と思ったことも数知れず。



でも、
最後の最後に、

「『まだまだ大丈夫。』なんて思っとるといかん!!!」


と怒られ、
教えられた気がします。



ありがとう、おばあちゃん。


また会いに行くね。
関連記事

トラックバックURL
http://mamepoko325.blog56.fc2.com/tb.php/1039-da9e32e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top