2012
01.31

圓諦さん

Category: 法句経
友松圓諦(ともまつ えんたい)とは、私の曽祖父の弟さんです。
お米屋さんの次男として生まれ、親戚のお寺に預けられ、宗教家としての道を歩んだ人です。

この圓諦さん、お坊さんの中ではまあまあ有名人みたいです。
私がお寺にお嫁に来られたのも、この人の名前のおかげかも・・・

実家にいる頃から、時折円諦さんの名前は祖母から聞いていましたが、そのときは「ふんふん・・・」ってな感じでそれほど興味はありませんでした。

ただ、最近、住職の蔵書の中に『法句経 友松圓諦訳』を発見し、読んでみたところ(まだ途中だけど)、
「うわ~~~、この人すごい人なんだ~~~」と今更ながらに思ったのです。

この法句経(ほっくきょう)はお釈迦様の死後、かなり早い時期に集録したものなので、お釈迦様の実際の言葉に近いもののようです。
この法句経、すべて詩の形式をとっています。
実際お釈迦様がみんなの前で詩を詠んだかは定かではありませんが、この本の解説の部分に
・なるべく記憶しやすい工夫の一つ
・詩であれば、抜け落ちたり、余計なものが混じりこむこともしにくい
とあり、なるほどね~~、と新米和尚と納得してしまいました



さてさて、これからこの法句経を一つづつ紹介していこうかな~、なんて考えています。


では早速・・・



意(おもい)は諸法(すべて)にさき立ち
諸法(すべて)は意(おもい)に成る
意(おもい)こそは諸法(すべて)を統(す)ぶ
けがれたる意(おもい)にて
且つかたり 且つ行わば
輓く(ひく)ものの跡を追う
かの車輪のごとく
くるしみ彼にしたがわん


現代語訳↓
もろもろの事象は意志にしたがって生起する。それゆえに、意志はそれらに対して支配者であり、作者である。
誰でも、もし不純な意志をもって、或いは語り、或いは行うならば、やがて、くるしみは彼にあとづける。
ちょうど、車を挽(ひ)いてゆくものの足跡を追ってゆく車輪のように。
Comment:0  Trackback:0
2012
01.13

大いなる楽

Category: お寺のこと
去る1月7日、東光寺では大般若祈祷会が行われました。

大般若祈祷会とは、ごくごく簡単に言うと、
『今年も一年、いい年になりますように』という祈願をする法要です。

この法要に先立ち、宝泰寺住職 藤原東演さんが法話をされました。
その中で出てきたのが、

大楽金剛不空真実三摩耶経(大いなる楽は金剛のごとく不変で、空しからずして真実なり、との仏の覚りの境地を説く経)というお経のこと。
このお経はお寺の住職が1月1日 0時に本尊さんの前で読経する理趣分というものです。
お寺のお父さんも除夜の鐘がまだ鳴り響く中、一人あげておられました。

この『大いなる楽』

御馳走を毎日食べること?
高級車に乗ること?
ブランドの服を着ること?

そういうことではなく、
毎日、家族が穏やかな気持ちで過ごせること。
当たり前の日々が続くこと。
それが大いなる楽。


この大いなる楽を身をもって知らされた出来事・・・

次女の突然の入院

幸いにして、2泊3日の短期入院で済んだのだけれど、
1歳児の腕に点滴の針を刺し、お尻の穴から造影剤を注入し・・・

我が子の泣き叫ぶ声を病院の廊下で聞いているときの辛いことといったら・・・


ありきたりな言葉だけど、
『本当に普通の毎日が有難い』 そして、『家族の支えに感謝』


こういうことが“金剛のごとく不変”で“真実”なんだ、と痛感いたしました。


Comment:0  Trackback:0
2012
01.05

人の力は素晴らしい

Category: お寺のこと
東光寺では1月7日に大般若会(だいはんにゃえ)という法要が行われます。

「大般若会」というのは、五穀豊穣や平和を祈願して、今年も良い年にしましょう!という法要です。
(簡単に書き過ぎていますが・・・)

20名ほどの和尚さんが本堂で読経するのは結構迫力があるものです

で・・・

今日は檀家さん方の協力のもと、本堂と書院の大掃除~&7日の準備を行いました。

3日まではとっても暖かかったのに、昨日からぐっと冷え込み、寒い朝でしたが、
8時半から皆様集まっていただき、2時間ほどで終了

私は窓ふきしていただけで、あっという間に準備が終わっていました
まあ、その窓ふきもへなちょこですが


先々代のころは家族だけでやっていたらしいので、ほんと有り難いです。
家族だけでやっていたらどんだけ時間かかるんでしょう・・・

皆様、寒い中本当にありがとうございました!!!!!

Comment:0  Trackback:0
2012
01.03

結果報告

Category: お寺のこと
新年明けましておめでとうございます


さて早速ですが、昨年末作成した“除夜の鐘 看板”の効果を報告いたします。

除夜の鐘をつきにお寺にお参りに来られた方が、例年の3倍~~~

すごいです!嬉しすぎます
伝え方一つでこんなにも変わるなんて!!
新米和尚の幼馴染の方々にも好評でしたし

お寺を少しでも身近に感じてもらえるように、と日々試行錯誤している新米和尚のお手伝いが出来て、私はとっても幸せです。


お寺の中ではまだまだ新参者の私ですが、
東光寺HPのトップに書かれている、
『お釈迦様の教えを少しでも多くみなさまにお伝えし、人生を楽しく過ごすお手伝いが出来ればと思っています。』
の言葉を胸に、自分の出来ることを探しながら、今年1年楽しく過ごしたいな~と考えています。


今年もどうぞ、よろしくお願いいたします
Comment:0  Trackback:0
back-to-top