2015
12.02

受験は必要?

Category: 本のこと
【本】受験必要論
『受験必要論』 林修 著  


あとがきに書かれた一文で「買う!」と決めました。

以下、引用です↓

“受験勉強は社会に出たら全く役に立たない、という意見もしばしば聞きます。
しかし、こんなふうに頭を使っている僕からすると、
社会に出て役に立つような勉強の仕方をしなかった
というべきではなかろうか、
と思えてならないのです。”



社会に出て役に立つような勉強の仕方をしなかった


最近、本当にそう思います。

あの頃はただ点を取るためにとりあえず頭に詰め込んで、
テストで吐き出し、

はいオワリ。


今何が残っているんだろう・・・

そう思います。


林先生のことばは厳しいけど、
好きです。


点を取るためだけじゃない学びをこれからも続けていきたいと思います
Comment:0  Trackback:0
2015
11.07

宗教と道徳と法律と。

Category: 本のこと
本屋さんで衝動買い。
【本】新しい道徳

『新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』  北野 武 著

なんとなく頭の片隅にある、
宗教と道徳と法律の関係。


夫から期限のない宿題、
「なんで人を殺しちゃいけないのか、を子供が納得するように説明できる?」

を随分前にもらってから、
答えは出ているようで、
でも、上手く文章にできずにいる。


ヒントがもらえるかな、と思って読んでみたけど、
そこまでじゃなかった。


けど、いろいろ考えるのは難しいけど楽しい。


この本を読んで改めて思ったのは、
宗教と、道徳と、法律、

共通するのは
「どれも幸せに生きるためのもの。」
ってこと。

そして、
違うのは
「道徳と法律は時代、個人、場所、もろもろによって簡単に変わっていくもの。」
「宗教は変わらない。」
ってこと。


こんなこと書いておきながら、
「本当に宗教は変わらないのか?」
と疑問も浮かんだりして。

まぁ、夜遅くに書いてることだから支離滅裂でも許してくださいませ…


こんなことを考える秋の夜長


Comment:0  Trackback:0
2015
10.31

挫折したーーー

Category: 本のこと
よくよくテレビに出ていらっしゃる、
宮崎哲弥さん。


TBS 『ひるおび!』とか、
日テレ 『たかじんのそこまで言って委員会』とかで
コメンテーターとして出てますね~


そんな宮崎さん。
何かの本の中で「仏教徒」と公言されていて興味持ち・・・


こんな本を読んでみた。
『宮崎哲弥 仏教教理問答』

【本】仏教教理問答

真言宗、浄土真宗、曹洞宗・・・等の僧侶との対談集。


ですが、

難解~~~


禅宗の和尚さんとの話にはちょこ~~~っとついていけるような、
でもやっぱわかんないような。


私にはまだまだ早かった感いっぱい。

ということで、
丁重に図書館にお返ししました


もう少し成長してからまた会いましょう
Comment:0  Trackback:0
2015
10.06

仏教に期待する人は80%らしい。けど・・・

Category: 本のこと
お寺の奥さんの研修会で、
老師(偉~~~いお坊さん。お坊さんの先生、みたいな感じ。)の話の中に、


“仏教に期待する、という人は80%

お寺に期待する、という人は30%

僧侶に期待する、という人は20%”


という言葉がありました。


仏教は良さそうだよね。
でも、
お寺にはあんまり行かない。
お坊さんも胡散臭い。


悲しいけど、そういう雰囲気、あると思う。


そんなとき本屋さんで目が合った本。

『寺院消滅』 鵜飼秀徳 著
【本】寺院消滅


あー、なんて自虐的。。。

でも内容としては、
真摯に現実と向き合って書かれていて、
これからのお寺や日本のことを考えさせられるものでした。


さて、で、ちょっと考えてみるとさ、

仏教をず~~~っと守って伝えてきたのはお坊さんで、

そのお坊さんが活動拠点にしているのがお寺だよね。


仏教はいいもの、って思っても、
お寺もお坊さんも要らない、
ってなったら、
まずくない?


それって、

お米や野菜は大事だよ、って思いながら、
畑やお百姓さんは要らない、
って言っちゃうのと
同じだよ。

そんなこと思わないよね。


けど、お寺やお坊さんは要らない、
ってなっちゃう。


どうしてそう思われるようになったのかは、
原因は様々。


布教活動やその仕方のせいかもしれない。
お坊さんの行動や言葉のせいかもしれない。
核家族化のせいかもしれない。
政教分離のせいかもしれない。

一つじゃないし、
いろんなものが絡み合って
今の現状だと思う。


だからこそ、
今自分ができることをやりつづけていくことが

“僧侶に期待する、という人20%”の数字を上げ、
“仏教に期待する、という人80%”の期待に応えることになるんじゃないか、

そんなことを想いながらブログを書く私。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.08

『徒然草』、新発見!

Category: 本のこと
いわゆる、『古典』、
と言われるものを読みたいなぁ。

と思っていました。

理由はコチラの過去記事→『えら~いお坊さんおすすめの本。』

でも、原文なんてわかるわけないし、
解説本も様々

で、出会ったこの本↓↓↓
【本】100で名著 徒然草
『NHK 100分de名著ブックス 徒然草』  荻野文子 著

あれ?
前にこんなのや、
【本】すらすら読める方丈記

こんなの、
【本】すらすら読める徒然草

図書館で借りてなかった???

ふふ、ちらっと読んで返しちゃったのさ~(←いばることではないが。。。)


で、今回読んだこの本。

厳選された段の原文と現代語訳、
そして著者のわかりやすい解説付きで、
スーっと入ってくる。


それもそのはず!
著者は古文のカリスマ(?)予備校講師、
マドンナ先生~(知ってる人いるかな?)

大学受験のときはお世話になりました


さて、何が新発見だったか、というと・・・・・・・・・

あの有名な序段
「つれづれなるままに~」
で始まる文。

一番最後に書いた、らしい。。。

序段、っていうくらいだから最初に書いたのかと思ってたよ

そして、
徒然草の著者、兼好法師。

超有名なお坊さんかと思ってたら、
全然そんなことない。

本文から引用すると、

『何者でもない、あるいは何者にもなれなかった』

そんな人だったということにも驚き



極めつけは「つれづれ」の意味!

なんとなしに~、とか
暇つぶしに~、
くらいの意味かと思ってたら・・・

マドンナ先生曰く、

『あえて何もせず、
積極的に自分の心の内側に向かい合い、
想念の世界に遊ぶことを選び取っている状態

ーつまり、
瞑想に近い状態』


ではないか、と。


第75段にも「つれづれ」という言葉がでてくるようで、
そこでは、

『一人で静かに自分の心に向かい合うのは、とてもよいことなのになぁ』(現代語訳。)
と言っています。

この「つれづれ」って、
なんだか坐禅と通じるところがあるのかなぁ。

兼好法師が坐禅をしていたかどうかはわからないけど、
書く、という行為を通じて、
自分の心と向き合っていたのかもしれないなぁ。



そんな新発見とともに、
『徒然草』との距離がちょっと縮まった感じです♪


では最後に、あの有名な序段を。

つれづれなるままに、

日ぐらしすずりにむかひて、

心にうつりゆくよしなしごとを、

そこはかとなく書きつくれば、

あやしうこそものぐるほしけれ。



Comment:0  Trackback:0
2015
07.27

宮崎駿監督の口癖は「めんどくさい」

Category: 本のこと
本との出会いは突然です。

別の本を探しに行ったら、
下の棚にこんな本が!!!

『「めんどくさい」をやめました』 やました ひでこ著
【本】「めんどくさい」をやめました。

やました ひでこさんといえば
断捨離で有名なお方

その方の書く、言葉の本。


なにを隠そう、わたしの口癖は
「めんどくさい。。。」

この口癖、断捨離したいーーー
という気持ちで購入。


めんどくさい、
意外にも

つまらない
しょうがない
忙しい
大変
疲れた
お金がない
時間がない
などなど

ついつい言っちゃう言葉、あるんじゃないでしょうか?
本書ではこんな言葉たちのこともとりあげています

さて、タイトルにも書いたのですが、
あの有名な宮崎駿監督の口癖も
「めんどくさい」
だそうですよ

これは本書からの情報。

加えて、
宮崎監督はこんなことをおっしゃっていたそうです。

“世の中の大事なことって、たいていめんどくさいんだよ。”

やましたひでこさんも書いています。

“「面倒」で人はつながる。
「めんどくさい」を繰り返しつながりを絶っていけば、
結果的に自分自身を孤立させ、
人生の広がりを狭めてしまいます。”

“「めんどくさい」と感じるのは、踏ん張り時に直面しているということ。
そこで踏ん張ることによって、次の道が開けるということ。”



そう!
「めんどくさい」はプラスに出来る、
ってことです

その言葉を言ったとき、
ピンチがチャンスになるわけです~~~


だから私はやっぱり思うのです。

「めんどくさい」は大事にしよう。

けど、無自覚に「めんどくさい」を言いまくるのはやめにしよう。

、と
Comment:0  Trackback:0
2015
07.06

身軽に、身軽に。そしたらどこへでも行けるから!

Category: 本のこと
断捨離、とか、ときめきお片づけ、
などなど、

身の回りをスッキリさせていこう、

っていう本が多いですよね、結構前から。


そんな大人向けの本もいいけれど、

その前にこの絵本、読んでみてほしい!!!

【本】 せかいいち おおきなうち

『せかいい いち おおきな うち』  レオ=レオニ  訳 谷川俊太郎


だれよりも 大きなおうちに住みたいとのぞんだカタツムリ。

そして、大きな おうちを手に入れた。

けど、その結果は…


そんな大きなおうちを手に入れたカタツムリの話を
お父さんから聞いたちびかたつむり。

ちびかたつむりは
身軽に動く。

自由に、行きたいところへ行く。


たくさん荷物を持っていたら、
細い路地は進めない。

けど、その路地にとっても素敵な出会いがあるかもしれない。


だから私もちびかたつむりになりたいんだろうなぁ


Comment:0  Trackback:0
2015
05.14

かなり貴重な本を今読んでます。

Category: 本のこと
『釈迦名言集』  友松圓諦(ともまつ えんたい) 著
釈迦名言集 友松

昭和44年発行。450円ナリ。

この本、もうたぶん普通には買えない。
どっかの古本屋さんに埋もれてるかもしれないけど。

私はただいま、図書館で借りて読んでます。
やっぱ、図書館ってすごい

さて、この本、
お寺の奥さんに教えてもらったんだけど、
その方は嫁入り前にこの本に出会い、
「圓諦さんの大ファンになったの
と仰ってました。


私も圓諦さんの文章は好きで、
難しい内容をスーっと心に入ってくるように語ってくれていて、
仏教をすごく身近に感じられます。


分野は違うけど、
週間こどもニュースの元お父さん、池上彰さんみたいな感じ、かなー。


専門分野を専門家が語ると、
とんでもなく難しくなることが多々あるけど、

それとは反対。


こういう人の本を読むと、
やっぱり仏教っていいなぁ、と思う。

本との出会いって、
人との出会いと同じようにとっても貴重


早く返さなきゃいけないんだけど、
もうちょっとじっくり読みたいなぁ
Comment:0  Trackback:0
2015
04.26

林修先生が教えてくれた「人生のアイウエオ」

Category: 本のこと
今でしょ!(古いですね…)の林修先生。

好きだ、好きだと言いながら、
そういえば本、一冊も読んでなかったー

と思い、すぐに図書館で予約
(好きなら買えよ、って話ですが


とりあえず
『いつやるか?今でしょ!』、と
本 いつやるか?今でしょ!

『今やる人になる40の習慣』
本 今やる人になる40の習慣

を借りました。


わかりやすい例え話も満載で、
さらさらと読みすすめられる本でした!

そして、
最後の最後にコレかーーー、
と思わせるとっておきのコトバがとってもよかったので
お伝えします


それは
「人生のアイウエオ」

人をアイ(愛)して、
ウン(運)を逃さず、
エン(縁)を尊び、
オン(恩)を忘れず。



結局、いろ~んな技術や方法があって、
それを実践するにしても、

何を軸としているのか、

その根本のところがないと

目新しい、良さそう~、と思ったものに飛びついて、
中途半端になったりしてしまいそう。


林先生の軸、素敵だな、と思います
Comment:0  Trackback:0
2015
01.25

試すことに喜びを!!

Category: 本のこと
セールで買ったボーダーのTシャツ

気に入って着ていたのに、
数回着ただけで袖口がほつれてた

たぶん、洗濯中になにかにひっかかったのかも。


あ~、
ほつれのお直しとか無理だし。
そんなに高くなかったから買いなおすか。

など考えながらも、
どうせ捨てるくらいなら、ダメもとで!、と
袖をちょこっと切って、9分丈Tシャツにしてみよう~

と、袖をチョキチョキ。
端を3つ折りにしてミシンでガーッ。

あら!なんだかいい感じじゃないの~♪

そう、この本に書いてあったの↓
【本】仕事は楽しいかね?
デイル・ドーテン著  野津 智子訳 『仕事は楽しいかね?』

試すことに喜びを!って。

試し続ければ、10回中9回の失敗が8回の失敗になるかもよ、って。


試す、って毎日をキラキラさせてくれるコツだね
Comment:0  Trackback:0
2015
01.20

簡単にキレイになりたいのよ~。けどね。。。

Category: 本のこと
30代の私と、
50代の母。

過去には
セブンティーンやオリーブ、ノンノなど、
いろんなファッション誌を読んできましたが、

なんと現在、
母と同じ雑誌を読んでいます

それが、『大人のおしゃれ手帖』
本・大人のおしゃれ手帖
4,50代の女性向け雑誌です。

年齢を重ねた素敵な女性たちが多く、
こういう風に年を重ねていきたいなぁ、
と思いながら読んでいます。

で、1月号で
ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんの言葉に感銘!!

セミナーなどで50代の女性に質問されるそうです。
「簡単なメイク」「簡単なお手入れ」

でも!

「簡単にするには日々の積み重ねが必要です。
日々積み重ねていれば、毎日は簡単になる。

一気にやるから、すごい負担になる。
借金返済と一緒ですよ。」


ありがたいことに借金返済したことはないですが、
イメージ、すごいできるよ~~~!!!


なんだかんだいっても、
結局はコツコツ、が近道なんでしょうね



Comment:0  Trackback:0
2014
12.05

“シュウカツ”してますか?

Category: 本のこと
図書館の新刊コーナーでこんな本を発見!

遺言書のススメ
『30代、40代夫婦へのー 遺言書のススメ』
本田桂子・鈴木おさむ・大島美幸 著



ついつい手に取ってしまったよー


今のところ死ぬ予定はないし、
死にたくないし、

でも、心のどっかで5%くらい、
「突然死んじゃうことだってあるよなー」
と思ってるとこもある。


私の遺産をめぐってトラブル
なんてことは一切ないだろうけど、

でも、今死んじゃったら
クレジットカードのこととか、
銀行口座のこととか、
保険のこととか、
全然わからなくて困るだろうなー、
とは思う。


この本は自筆での書き方や保管の仕方、
自筆よりも確実な公正証書のことなど、

遺言相続コンサルタントの本田桂子さんが先生で、
放送作家の鈴木おさむ+女芸人トリオ森三中の大島美幸ご夫妻が生徒役になり、
3人の掛け合いの中で
わかりやすく、やさしく教えてくれる。


そして、本の最後に出てくるのが「エンディングノート」

遺言書を書くにあたって、
いろんな身の回りの情報を整理するのに良さそう!

で、早速買ってみた↓
もしものときのエンディングノート
『もしものときのエンディングノート』
江崎正行 著


清水の小さい本屋さんにも数種類置いてあって、
ネットで見たらどんどこ出てくる!!!


すぐに全部は埋められないだろうけど、
何も書いてないよりはましだよね、
と思いながら、
書いていこ~
Comment:0  Trackback:0
2014
11.25

元陸上選手、為末大さんも坐禅!

Category: 本のこと
禅とハードル
『禅とハードル』  著 南 直哉 ・ 為末 大

カッコいいな~、と思ってたのさ。
現役時代の為末選手見て。


走る姿、っていうより、
単に見た目がスキ


で、その為末さんが禅に興味あり!
ってことで、
「語る禅僧」 南 直哉師と対談&坐禅体験。


ついつい図書館で見つけて借りちゃったわよ~

いろんな人が坐禅、してるんだね♪


興味あるなら、やってみよ~

ってことで、東光寺では初心者さん向けの坐禅会やってます!
H26冬坐禅会ポスター
詳しくは新米和尚のブログ東光寺HPで!
Comment:0  Trackback:0
2014
08.04

夢をかなえるゾウも言っていた。「お参りしよう」

Category: 本のこと
図書館の『今日返ってきた本』ゾーンに
並んでいたので、
つい手に取ってみた↓
夢をかなえるゾウ
『夢をかなえるゾウ』 水野敬也 著 

2007年に出版されたベストセラー

ドラマ化されたのを見てたんだよね~、
と思い出し借りてみた。


ゾウの神様、ガネーシャが
主人公に次々と課題を出していく
自己啓発系だけど、小説みたいな本。


靴をみがく、とか
明日の準備をする、とか
人の長所を盗む、とか
あるんだけど、

その中に
『お参りをする』
ってのがあって、

お参りの大切さを力説しているわけです、
ゾウが!!!
(本文、P.220 )

アインシュタインも引き合いに出してきたりして。


そろそろお盆の時期ですね~
お寺やお墓、行ってみましょうかね
Comment:0  Trackback:0
2014
06.18

親の家を片づける、とは一筋縄ではいかないもんなんだと再確認!

Category: 本のこと
親家片
こんな本が生協で紹介されてて、
つい図書館リクエスト♪

50代女性をターゲットにしている
「ゆうゆう」という雑誌から出た、

親の家を片づける、という問題に直面した方々の
実体験あり、アドバイスあり、の本。


親の家を片づける、
略して『親家片(おやかた)』と命名されておりました。

かくいうワタクシ、
20代でプチ『親家片』体験しておりまして。。。

今思い出してもキツイ過去

あのときこの本読んでたら、
もうちょっとましだったかな、なんて思いました。


なので、きっと将来、
本格的『親家片』をやることになるであろう自分に向けて、
エールと共に、本からの抜粋を~

『親家片』とは、

親と向き合い、親子の縁を結び直し、そして送り出すこと。
人が老い、この世を去るということを、親が最期に自らの姿を通して教えてくれること。


そして、実行する際は!

ひとりではなく、心の許せる誰かと行う。
わき上がってくる負の想いは、人に話して、随時、心の棚おろしを行いつつ、作業を進めていく。


今、この本に出会っておいて良かった
Comment:0  Trackback:0
back-to-top